あなたは外交的ですか?内向的ですか?

皆さんは自分のことをどのくらい理解されていますか?

 

自分のことを100%わかっているという人は殆どいません。でも、どうして自分のことを自分がよくわかっていないって何だか不思議ですよね。どうして、そういうことが起こるのでしょうか?

 

それは

客観的に自分のことを見ていない、見るチャンスがないからです。

ポイント

客観的に自分を見るチャンス(機会)の1つとして、ウェルスダイナミクスの診断を私はお勧めしております。

 

アメリカの実業家が考案したプロファイリング術

ウェルスダイナミクスは学者が考案したものではなく、アメリカの実業家が自分のビジネスをどうしたら早く上手く軌道に乗せることができるのか?という点に注目して創り出したプロファイリング術です。

 

最も大きな特徴に

『チームでの最適な役割を見つける(与える)』

という点にあります。

 

例えば、事務に向いている人が営業の仕事をしている場合って成果を出せると思いますか?事務と営業では使うスキルが違うので少し難しいですよね。

 

私の知り合いは逆のパターンで、営業に向いていないのに最も向いていない経理の仕事をしていた方がいらっしゃいました。

その方はウェルスダイナミクスの診断を受けて、向いていない経理の仕事を辞めて営業の仕事を始めました。そうすると経理の仕事の時ほど努力していないのに面白いように成果が出始めたと言っていました。

 

私の知り合いの場合、向いていない経理の役割から向いている営業の役割へシフトしたことで成果が出るようになりました。これは企業にとっても個人にとっても良好な状態です。

 

適材適所という言葉がありますが、この適材適所を見つけるために企業、個人のどちらでも使えるようになっているのがウェルスダイナミクスのプロファイリングになります。

ウェルスダイナミクスの価値をわかっている企業の社長、人事担当の方はチームの役割で足りない部分を確認してから採用する人材を決めているほどウェルスダイナミクスの診断を重要視しています。

 

まずは無料診断を受けてみてください

自分を知る第1歩としてウェルスダイナミクスの無料診断を受講してみてください。

 

詳細診断を行うとあなたのプロファイルが8つのどれに当たるかを診断できますが、無料診断の場合はプロファイルを決定する4つのパワーのどれが強いのか?がわかります。

  • 人と接するのが好きなブレイズ
  • 人と接するより1人が好きなスチール
  • 抜群の閃きでアイデアを生み出すダイナモ
  • 過去の経験から答えを導き出すテンポ

 

これを知るだけでも自分に向いているのがどういう役割なのかわかりますのでぜひ1度、試してみてください。

無料診断に興味がある方はこちらからお問合せください。心よりお待ちしております。

 

※補足情報:詳細診断を受けるとレポートがA4用紙でPDFファイルが出力されます。(レポートの一部をご紹介しておきます。)