本の価値を引き出す方法がわかる『レバレッジ・リーディング』

読書するからには本に書かれてある大切なことを、身に着けないと勿体ないです。

今回、ご紹介する『レバレッジ・リーディング』には、本の価値を引き出す方法がわかりやすく書かれていて、読書を習慣にする前に読んでおくことをお勧めする1冊です。

書籍情報

著者
 本田 直之

出版社
 東洋経済新定価
 ¥1,450

<>ISBN
 978-4-492-04269-4

評価(5段階)
 ★★★☆☆(3)

読書することで時間に余裕が生まれる

読書したいけど始められない方のできない理由を聞くと

『時間がないから読書ができない』

と答える方が多いです。しかし、実は逆で読書した方が時間ができるとこの本には書かれています。

なぜ読書すると時間ができるのか?というと、自分の問題に対して読書で知ったノウハウを利用して、答えを出すまでの時間を短くできるからです。

すべて自分で考えるより、『このパターンは、これでできるか!』と考える方が圧倒的に効率的です。このパターンを増やすために、読書は効果があります。

本は目的を持って選ぶ

見かけた本をとりあえず読んでみるのも悪くはないですが読書に慣れてきたら

  • 現状の課題は何か?
  • 人生の目標は何か?

と考えて、目的に合った本を選ぶことも必要です。

読書すること目的に合った本を選ぶなんて当たり前ですが自分のことが見えていないと、これがなかなか難しい。

私の場合は、最初は仕事に関する本を読み、次に目標に関する本を読むようにしました。

そうすると

知識を得たことで仕事の効率が上がる⇒時間ができる⇒好きなことに時間を使える

と良い流れができるので、このやり方をお勧めします。(人は得意なことが違いますので、自分に合ったやり方を見つけてみてください。)

経営者・成功者は読書家が多い

読書に関連する本には必ずと言っていいほど触れられていることですが、経営者・成功者には読書家が多いです。このことから読書は仕事にも大きく影響することがわかります。

余談ですが、私は経営者の方が読まれている本がテレビなどで紹介されるとメモをとります。それぐらい、経営者の方が選ぶ本に興味があり、また良書も多いです。(何冊か読みましたが『やっぱり経営者の目はすごい!』と感動させられます。)

感想

読書を始めるときに必要な心構え、読み方などがわかりやすく紹介されているので面白かったです。

ここでご紹介させて頂いたこと以外にも、読書のコツが多く書かれていますので1度、読んでみてください。

レバレッジ・リーディング

新品価格
¥1,566から
(2019/2/23 18:50時点)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 5 =