【読書記録】特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ

概要

最近、昔ほど人の話しに興味が湧かない、新しい人と関わるのが面倒・・・と感じている方に向けた心理・思考が偏っていることを気付かせてくれる面白い本です。

書籍情報

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ

著者:五百田 達成

   堀田 秀吾

出版社:株式会社クロスメディア・パブリッシング
定価:1,408円(税込)
おすすめ度(5段階):4

目次

1.冷めた心に火を灯せ

2.ゼロから信頼を築く

3.人間関係で悩まない

4.人を本気にさせてみろ

5.打たれ強くなれ

良かった点

〇心が冷めるとプライベート・ビジネスに影響する

人は生きていると多くの人と関わって生きていきますが、その時に新しい人と上手く付き合える?付き合えない? その差はどこでつくのか。

性格の差(外交的、内向的)で決まるのか?というと、そうでもないようです。

本書では「結局、人と上手く付き合えるかどうかは、人に対して積極的にかかわろうとするかどうかだ!」と書かれています。

私もあまり多くの人と付き合うタイプではないのですが、人付き合いがそれなりにできるようになった頃は相手に興味がある(積極的に知りたい)状態になったときだったような気がします。

人と付き合うのは時間もかかるし、面倒なことも少なくありません。それでも人付き合いをしていく中で自分だけでは知れなかったことを知れたりと、多くのメリットもあります。

最近、人付き合いが減ってきたけど、特定の人とだけ付き合えれば良いかと思っていても、その特定の人がいなくなったときに強烈な孤独に襲われます。(私も過去に経験があります・・・)

人は人と関わらずに生きてはいけません。ですから、最近、新しい人と付き合う機会が減ったと思う方は1度、この本を読んで心を温めなおしてみてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × four =