【読書記録】ヘッテルとフエーテル

概要

詐欺の手口、経済・社会の構造など日常で起こる様々な話しを馴染みのある童話をタイトルにした短編から成るビジネス書です(タイトルのインパクトに惹かれました)

※今回の読書記録は良かった点、ポイントなどは割愛しています。

書籍情報

ヘッテルとフエーテル

ヘッテルとフエーテル

著者:マネー・ヘッタチャン
出版社:株式会社経済界
定価:1,100円(税込)
おすすめ度(5段階):3

目次

1.ヘッテルとフエーテル

2.カネヘルンの笛吹き

3.ピノキオ銀行

4.アホスギンちゃん

5.ヤンデレラ

6.ヘッテルと7人のODA・NPO

7.王様の金はロバの金

8.裸のフエーテル様

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × two =