神様は存在しないと思っているのに、なぜ初詣に神社へ参拝しに行くのか?

日本は神様はいないと思っている人が多い傾向にありますが、初詣のときは神社へ参拝する人はかなり多いですね。

過去の私もその1人でしたが、その当時の私は何を期待して行っていたのか不思議です。多分、何も考えずに年始の恒例行事をやっておこうぐらいの感覚だったのではないかと。

住吉大社

せっかく時間をかけて神社まで行くのなら神社に参拝する意味を少し考えても良いと思ったので、なぜ神社に参拝するのか?を考えてみたいと思います。

 

世界には目に見えない流れが存在する

数年前の私は神社に参拝することや目に見えない力の存在など一般的にスピリチュアル系と言われるものには一切、興味がありませんでした。

 

興味を持ち始めたのは実際に体験したことがあるからです。せっかくなので体験を少し紹介したいと思います。

今、私はフリーのシステムエンジニアで生計を立てていますがその前はシステム開発の企業に勤めておりました。大体6年ほどでしょうか、当時の職場の環境があまり良くなかったので少し辛い時期でした。

その6年間、初詣に行って、おみくじを引くとなぜかずっと大吉

自分が辛いと感じているのに運勢はなぜか大吉・・・これの、今のどこが大吉なんだ!!と

その企業を辞めて、初めて初詣に行って、おみくじを引くと今回は

ここでただの偶然と捉えれば興味を持つこともなかったでしょうが、そこで私は目に見えない自分の周りの流れが変わったんじゃないか?と考えるようになりました。

自分の周りの流れが切り替わったと感じてからは、フリーのシステムエンジニアとしての仕事は途切れることなくありますし、今まで上手くいかなかったことが上手くいくようになりました。

 

あとパナソニック(松下電器)の創業者の松下幸之助さんや他の成功者の方もよく神社に参拝しているという情報を聞いたというのもあって、神社へ参拝する習慣ができました。

七夕

ここで紹介した目に見えない力を引き寄せる以外にも参拝する意味はあります。

 

神社でするお願いは、それを叶える自分への決意表明

神社でするお願いは

『自分への決意表明』

だと思っています。

 

お賽銭を入れて、とりあえずお願いしますというレベルではなく、かなり真剣に考えています。夢や目標は誰かに叶えてもらうのではなく、自分で叶えようと行動しないと叶うことはないからです。

 

企業なら企業に損害を与える行動をとると上司から叱責されるなど間違った行動を止めてくれますが、自分の叶えたいことは自分のことなので道をそれても誰も止めてくれません・・・

だから自分の意志を強く保つことが重要になってきます。

 

そこで私は神社に行って、決意表明を1か月に1度はするようにしています。自分にはできるのか?という不安を頭から取り除くために・・・

不安が出るうちは努力が足りないので、叶えるためにできる行動を神社の帰り道にリストアップするようにしています。

チェックリスト

自分の考えを意識することって、忙しい毎日の中でどれぐらいあるのか?と考えると神社に参拝したタイミングでそれを思い出すことも大切なことではないでしょうか。

 

 

 

神様はいないと考えている人も神社の参拝は

『神様へお願いする』のではなく、『自分にお願いする』

と考え方を変えれば、また違った意味になるのではないでしょうか。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。