お疲れ様です。

 

企業に雇われる働き方から抜け出し、自由な時間を創り出すために重要な情報をお伝えします。

 

皆さんは自分の価値は誰が決めていると思いますか?

 

学歴、職位などは社会の基準でわかる価値もありますが人の価値はそれだけでは決められませんよね。

(私は学歴や勤めている会社で人の価値を判断することが好きではありませんが、日本はまだまだその傾向が強いので敢えて書かせて頂きました。)

 

例えば、同じ会社の同じ職位の人がいたとしても店員さんの接し方は同じでしょうか?

違いますね。一方の方には親切丁寧に対応し、一方の方にはマニュアル通りの対応をするみたいなことを見たことはないですか?

 

そうなると日本の社会で決められている基準以外で人は人の価値を判断しているということですね。

では、その差はどこから生まれてくるのでしょうか?

 

人は行動を見て、相手の価値を判断している

人が人を判断するときは

『相手の行動を見て、判断しています』

 

『身に着けている装飾品で男子の価値を判断してます』という女性がたまにいらっしゃいますが、人はそんなもので相手の価値を判断していません。

 

例えば、駅のホームで2人のサラリーマンが歩いているとします。

一人は普通のスーツ、普通の時計を身に着けていて、姿勢良く、きびきびと歩いている。

もう一人は高価なスーツと時計を身に着けていて、姿勢悪く、ダラダラと歩いている。

 

さて、ここで問題です。

あなたは、どちらのサラリーマンの方と人間関係を築きたいですか?

おそらく大半の方は『姿勢良く、きびきびと歩いているサラリーマン』ではないでしょうか?

 

そうです。

高価なものを身に着けていても、行動が伴わないと人は相手に価値、魅力を感じないんですね。

 

では、どうしたら価値、魅力を感じてもらえる行動ができるようになるのでしょうか?

 

自分の価値は普段の考え方で決まる

人は日常生活の中で様々なことを思考しながら行動します。人は1日に何万回という思考をして生きています。

 

人は『思考』から『行動』を決めるので

普段から消極的な考え方をしている人は『自分には価値がない』と思わせるような行動をし

普段から積極的な考え方をしている人は『自分には価値がある』と思わせるような行動を取ります。

 

 

ですから普段、自分がどう考え、どう感じているか?をチェックし、消極的な考え方をしているなぁと気付いたときは意識して思考を変えてみてくださいね。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。