お疲れ様です。

 

企業に雇われる働き方から抜け出し、自由な時間を創り出すために重要な情報をお伝えします。

 

前回の投稿『成功するためには欠かせない習慣が存在することを知っていますか?』で計画と行動が失敗に終わったときに、気持ちを前向き・ポジティブに変える方法をお伝えしますと書かせて頂きました。

 

今日は、そのお話をしたいと思います。

 

言葉の力を利用して、自分をコントロールしてしまう

ここで皆さんに質問です。

『失敗って、どういう状態のことを言いますか?』

 

多くの方は『自分が思っていた通り(計画)に結果が出なかったこと』と回答されるのではないですか。

 

確かに計画通りの結果がついてこなかった場合、一般的に『失敗』と言います。

 

そのときに『計画通りにうまくいかなかった。もうダメだ・・・』と思ったり、口に出してしまうと本当に失敗して終わりです。

 

失敗して終わりにしないためには、次のように考えてみてください。

  • 計画通りにいかなかった。でも、他にまだやれることがあるはずだ!
  • この方法はダメだったけど、別の方法ならいけるのではないか?
  • 今回はダメだったけど、次はうまくいく!

 

ここにあげたのは一例ですが、自分の思考を計画通りにいかなかった⇒失敗したで終わらせるのではなく、次の行動へ移せるような思考になるように考えてみてください。

 

過去の偉人で言えば、発明王のエジソンが電球を発明したときのフレーズが有名ですね。

 

『1万回の失敗をしたのではない。

1万通りのうまくいかない方法を見つけただけだ!』

 

自分が失敗したと感じたときに、少しでも前向きになるような言葉を考えて口に出すようにしてください。

 

それだけで気持ちも人生も大きく変わってきますから!

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。