お疲れ様です。

 

先日、知り合いの社長から

優秀な税理士さんがセミナーやりますけど参加されますか?

今回のセミナーはビジネス構築していく中で絶対にためになりますから!!

と声をかけて頂いたので社長のお言葉に甘えて参加させて頂きました。

 

 

そのセミナーの内容の濃さが凄かったので一部をシェアさせて頂きたいと思います。

 

セミナー資料が財務諸表

セミナー当日、開始時間の15分ほど前に会場入りしまして、セミナー資料を頂きました。

配られた資料は

  • 5年分の貸借対照表
  • 10年分の損益計算書
  • 2016年分の損益計算書

 

経理関係のお仕事の方ならわかりますが、いわゆる財務諸表という会社の経営成績を管理するための書類です。

それを使って、どういったセミナーが行われるのか?

 

 

自分の人生は、自分で設計して歩んできましたか?

セミナーが始まった途端に、税理士さんからの参加者への質問です。

『今までの人生を自分で設計したことはありますか?』

ここ1、2年はフリーのエンジニアとして活動し始めていたので設計していると答えようかとも考えました。

しかし、今までの人生と言われると違うなぁと思い、違いますと答えました。

すると税理士さんが

『旅行までの道は計画するのに人生を計画しないのは

すごく危険ですよ』

と言われました。

確かにその通りです。過去の私は今まで何とかなるやろうと思って生きてきましたから。

今では少しマシにはなりましたが税理士さんの質問を受けて、まだその考えが頭の中に残っているように感じました。

次に税理士さんは

『まずは自分がどうなりたいか考えて、その理想を実現するために

どのぐらいのお金が必要なのか?を考えていきましょう』

と言われました。

ボンヤリとした理想ではなく、まず理想の状況を考えて、その理想のためにはどのぐらいのお金が必要か数値ベースにすることが大切だということで財務諸表を渡してくれていたんですね。

その後、参加者がそれぞれの理想を考えて、理想を数値化していき、人生設計を立てていくという今までに受けたことないセミナーの形式で、とても為になりました。

理想の生活をするためには何がどれぐらい必要?

このセミナーで学んだことは、理想のボンヤリしたイメージをどれだけ現実的なイメージに落とし込むことが、最重要だということでした。

 

理想の生活のイメージが具体的でないと、どのぐらいお金を稼いで貯蓄していくかということが本当にわかりません。

 

過去の私もなんとなく今より給料が増えるような会社に転職したいとか、すぐに役職が与えられるとかいう理由だけで仕事を選んだりしていては理想の生活にはたどり着けません。

 

来年にはこうなっている、5年後にはこうなっているといった形で人生設計し、その為にはどうやって日々の生活をおくれば良いのかを考えるようになります。

 

私はまだ理想の生活を手に入れていないので、この税理士さんから教わった人生の長期計画を立てて日々の生活に落とし込んで目標達成していきたいと思います。

 

この記事を読まれて、私もやってみようという方は是非1度、人生設計について考えてみてください。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。