お疲れ様です。

 

企業に雇われる働き方から抜け出し、自由な時間を創り出すために重要な情報を

お伝えします。

 

企業に雇われる働き方から抜け出すためには本業と同等の別の収入が必要になります。

その収入を得るための方法として『ネットビジネス』を選択しました。

 

どんなビジネスでもそうですが、始めたときは無収入の期間があります。

特にネットビジネスは初めても全く稼げないまま、手を引いてしまう方が多いビジネスの

一つではないでしょうか。

(参集障壁が低いことで多くの人がやるのも理由の一つです。)

 

私もネットビジネスを始めたときは無収入の時期が結構長く続き、ネットビジネスを

続けるかどうか悩んだ時期もありました。

 

しかし、ネットビジネスから手を引かずに少しずつ努力を重ねた結果、僅かばかりでは

ありますが収入を得られるレベルにまでたどり着きました。

 

あの無収入の時期をなぜ乗り越えられたのか?を自分の振り返りとして

今回の記事にしたいと思います。

 

 

 

1.企業で勤めない生き方をしたかった

私は過去に2社のシステム開発会社に勤務していました。トータルで10年ほどです。

そこで得られたものは

  • コンピュータのスキル
  • システム開発のプロセスの考え方
  • プロジェクトの進捗管理

などでした。

 

これらのスキルは情報化社会では凄く役に立つスキルで、自分の能力としては良いものを

手に入れることができたと感じています。

 

しかし、これから先の10年間(30歳~40歳)も同じサイクルの仕事を企業の中で

やっていきたいかと考えたら答えはNOでした。

 

それはなぜか?

  1. システム開発の仕事は時間的な拘束は長い割に顧客満足が低い仕事だと感じていた
  2. システム開発の仕事でやりたい工程がなくなった
  3. スキルを上げることに興味がなくなった
  4. システム開発の仕事の対価としての報酬がダウンする一方だった

 

特にスキルを上げることに興味がなく、時間的な拘束が長いのは自分の人生にプラスに

働かないと考え、企業では絶対に働かないと決意したことがネットビジネスを続ける

大きな原動力になりました。

 

2.収入をコントロールしたかった

この点については何度も投稿させて頂いたと思いますが、継続する原動力として外せないと

思いましたので書かせて頂きました。

 

やはり企業にコントロールされる収入は絶対にいつかは途絶えます。

  • 定年で会社を退職
  • 会社が倒産
  • 早期退職という名のリストラに巻き込まれる

 

近年、日本で起こっている事例ですね。それも大手の会社が軒並みリストラを行っています。

このリストラも意外と若い人がターゲットになることもありますから、若い人でも油断せずに

気をつけておく方が良いと思います。

 

私も企業から半分、強制的なリストラにあったような感じで2年ほど前に退職しました。

 

私はその時に『もう1度、企業に入るのは簡単だ。でも、自分で収入をコントロールできないと

今回と同じリスクを背負うことになり、また同じことのを繰り返しになるだろう』と考えました。

 

そこからフリーのエンジニアの傍らにネットビジネスで収入源を作るという活動に取り組み

今ではそこそこの収入を得ることができるようになった訳です。

 

私と同じようなネガティブな理由からネットビジネスを始めていて、ビジネスから手を引こうと

考えられている方が、この記事を読んで継続してみようという気持ちを持って頂ければ幸いです。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。