お疲れ様です。

 

企業に雇われる働き方から抜け出し、自由な時間を創り出すために重要な情報を

お伝えします。

 

企業や個人でサイトを作成して、公開すると検索エンジンに上位で表示されるためには

SEO(検索エンジン最適化)対策が必要になります。

 

インターネットを調べると様々なSEO対策が紹介されています。

  • サイトのタイトルを他サイトと競合が少ないキーワードにする
  • 外部のサイトから適度な数のリンクを張ってもらう
  • 多くの単語を使って、サイトを作成する

 

などサイトを作るときに気をつけることが多く紹介されていますが、サーバーの速度を

上げることでSEO対策になることをご存知でしょうか?

サーバーは簡単に変更できないので良いものを選びましょう

検索エンジンは世界のサイトを巡回して、最適な情報を提供することがお仕事な訳ですが

多くのサイトを巡回するなら1つのサイト当たりにかかる時間が少ない方が良い訳です。

 

となれば、サイトが早く表示されるように作られているとそれだけ検索エンジンに対して

負荷がかからないので評価が上がります。

ネットワーク

 

では、どのサーバーが早いのかというと環境によって絶対にこれが早いと断定はしにくいですが

お名前.comの共用サーバーSDを利用すると早くなるという情報があるようです。

 

なぜ早くなるのか?というとPHPと言われるサーバーにセットアップされているソフトがあるのですが

バージョンが他のサーバーよりも新しいバージョンを利用できることでサーバーの速度が速くなります。

(今、使っているPHPのバージョンが5で始まるバージョンなら7で始まるバージョンにすると

5バージョンよりも50%速度が速くなるという情報があります。)

 

バージョンを上げることでメモリ使用量が少なくなり、負荷が軽減されて表示速度アップにつながります。



表示速度が早いサイトは、利用者に好まれる

インターネットが普及したことで、サイトがすぐに見られることが当たり前の感覚に

なりつつあります。

 

そんな中、アクセスしたサイトがすぐに表示されないと皆さんはどうしますか?

 

他のサイトを見に行きませんか?せっかく訪問してくれた人が何の情報も見ることなく

他のサイトに移動するなんて勿体ないですよね。

 

サイトに訪れた人に対してサイトの表示速度が遅いという理由だけで何もできない

ある意味で機会損失が発生している訳です。

 

こういうことが毎日、訪問者のうち5人に発生しているとしたら1か月で150人のお客さんを

逃していることと同じことですからサイトの表示速度についても少し意識された方が良いと思います。

 

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました。