ウェルスダイナミクスというプロファイリングで自分の価値をわかって頂き、今よりも豊かな人生を歩んで頂くための活動を行っております。

エクセル関数 DATEDIF:2つの日付の差を計算

DATEDIF関数の概要

指定した文字の部分取得ができます。

読み方:デイトディフ

書き方:DATEDIF(<開始日>,<終了日>,<日付間隔の単位>)

 

○日付間隔の単位に設定できる値の一覧はこちら

単位戻り値
Y年数を返します
M月数を返します
D日数を返します

 

※日付間隔の単位は他に『MD』『YM』『YD』も存在しますが利用用途がなさそうなので紹介から省いております。

もし興味があれば、Googleで『excel datedif』で調べてみてください。

 

DATEDIF関数の設定例

E4の場合、開始日と終了日までの日数を取得する関数を設定

E5の場合、開始日と終了日までの月数を取得する関数を設定

E6の場合、開始日と終了日までの年数を取得する関数を設定

DATEDIF関数01

 

DATEDIF関数の詳細・補足情報

DATEDIF関数は、関数の挿入で調べても表示されません。

その理由は、他の表計算ソフト(Lotus)との互換性を保つために残された関数なので関数の挿入では表示されないようになっているようです。

(この関数は、個人的には便利なので標準機能として日の目を見ても良いのではないかと思います。)

 

    イベント

    • ただ今、イベントを企画中です。しばらくお待ちください。
    PAGETOP
    Copyright © グロウワークシステム All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.