ウェルスダイナミクスというプロファイリングで自分の価値をわかって頂き、今よりも豊かな人生を歩んで頂くための活動を行っております。

エクセル関数 SEARCHB:対象の文字から指定した文字のバイト位置を求める

SEARCHB関数の概要

対象の文字から指定した文字のバイト位置を求めることができます。

読み方:サーチビー

書き方:SEARCHB(<検索文字列>,<検索対象>,<開始位置>)

 

SEARCHB関数の設定例

D4にはセルB4の文字から全角”K”のバイト位置を求める関数を設定

D5にはセルB4の文字から5バイト目以降で英字”O”のバイト位置を求める関数を設定

D6にはセルB4の文字から英字”AAA”のバイト位置を求める関数を設定(検索した結果、対象の文字が存在しないので、#VALUE!が結果として返ってきます。)

SEARCHB関数

 

SEARCHB関数の詳細・補足情報

文字検索の開始位置は、1以上の数値を設定しないとエラーが発生します。(例のD10のセルがそれにあたります。)

文字検索の開始位置を指定しなかった場合、文字の先頭から検索が行われます。

 

SEARCHB関数は大文字と小文字を区別して検索が行われません。英字検索で大文字と小文字の区別を行いたい場合はFINDB関数を利用してください。

 

関連した関数

 

    イベント

    • ただ今、イベントを企画中です。しばらくお待ちください。
    PAGETOP
    Copyright © グロウワークシステム All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.